ベンチャーサポートに依頼して企業の夢を叶えよう

男女

店舗賃貸営業のポイント

イスとテーブル

経営形態の確認

大阪で貸店舗業を営む場合、いくつか注意する点があります。貸店舗経営で成功するためには、その運営形態に注意してください。運営形態によって、実際に見込まれる収益も変わってきます。また立地条件に恵まれていれば、たとえ低資本であっても高収益を期待できます。大阪の貸店舗にも様々な形態がありますので、形態ごとに見ていきます。まず貸店舗付のアパート、賃貸マンションです。大阪にもこの形態の店舗はたくさんありますので、頭に入れておくといいでしょう。店舗付きのアパート、マンションは、1階が貸店舗になっており、2階以上が住居スペースです。この形態は、貸店舗の部分は高利回りを期待でき、さらに住居部分は長期的に安定収入を得られます。このような店舗付きのアパート、マンションであれば、低資本であっても長期間に渡って高収益を得ることができます。次に大型の店舗です。この形態は、自ら保有する土地に大型の貸店舗を建築し、複数の企業などに店舗を賃貸する方法です。店舗の規模にもよりますが、立地条件によっては高い収益を見込めます。また、土地だけの賃貸も可能です。この場合、企業に土地を賃貸し、土地を借りた企業が建物を建築する方法です。貸主の収入は地代になりますので、一般的な貸店舗と比べて収益性は低くなります。しかし、長期的な契約が望めます。また管理の手間が省け、資本が不要なのも大きなメリットと言えます。そして郊外に貸店舗を設置する方法もあります。郊外の場合、主要幹線道路、交通量、生活環境などが収益に影響してきます。大阪で貸店舗の経営をする時、は以上の点に注意してください。